神奈川県小田原市の釣具店 ルアー、ソルト、ジギング用品も豊富取り扱い

商品詳細 カーペンター BLC80/40R-PM-SC 強化レギュラーモデル

78,300円(税込) 在庫あり

ルアー70-200g PE6-10号 ドラグMAX20kg(水平ポジション)ロッド自重415g 仕舞寸法1745mm

 

BLC83/40 R-PMの8フィート版として

BLC 80/40 R-PM・SC” NZ ホワイトアイランドでもテストを行っています。
昔は根ズレが多発して獲ることが難しいと言われた、最浅部15~16mの塔のような形状の沈み根でも
BLC 80/40 R-PM・SC は大きな安心感でファイト出来ます。
ファイト時、アングラーとロッドの一体感から来る気持ちの良い操作感は魚とのファイトを最高の気分にさせてくれます。

BLC 83/40 R-PM と BLC 80/40 R-PM・SC の違いにつきまして試投会などで多くのご質問がございます。

まず、BLC 83/40 R-PM と BLC 80/40 R-PM・SC では、ブランクが異なります。
カーボンクロスの設計パターンは極めて近いですが、レングスが異なることでアングラーの体感は違ってきます。

BLC 80/40 R-PM・SC を作った狙いですが、高付加ドラグ(13~15kg以上)に於いて
アングラーがファイト時に少しでも優位にファイトが出来るように作りました。

ヒラマサ GTに於いて根ずれのリスクが多いポイントで優位にファイトできる様に、
また、足元までは寄るがそこから抵抗してなかなか寄らない大型マグロに大きなプレッシャーを掛けて寄せる為に。

BLC 83/40 R-PM と BLC 80/40 R-PM・SC のレングスの違いは
3インチ(約75mm)ですが、大型魚とのファイトで高負荷ドラグ(13~15kg以上)
掛けた場合、アングラーへの負担は大きく違うことを体感しております。
この感覚は特にタックルがヘビーになればなるほど顕著に感じられます。

平均的な日本人の体力を持つアングラーの上限あたりと以前からインフォメーションしております

“40Lbタックル” このパワークラスでは、テストで魚を掛ける度に3インチの違いを大きく感じました。

ファイト時に魚へ負荷の掛かり方が大きくなり、アングラーが主導権を握りやすいです。

現行モデルの BLC 83/40 R-PM は遠投性能とルアーの操作性に優位性があり、BLC 80/40 R-PM・SC はファイトに優位性があります。

高負荷のファイトに於いてアドバンテージを得たいなら3インチ レングスが短い “BLC80/40 R-PM SC” をチョイスいただきたい。

この商品のご注文、お問い合わせは以下のフォームからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

郵便番号

ご住所

お問い合わせ内容